読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本物のバッティング技術を知ってライバルに差をつける方法

ライバルたちに差をつけるために本物のバッティング技術を知りたい・・・そんな方のために本当に効果のある上達法を調べてみました。

本物のバッティング技術を知ってライバルと差をつける方法

「アイツよりも絶対に打てるようになりたい」


おそらく野球をやっていれば
一人や二人はライバルがいるはず・・・

もしかしたらあなたにも
そんなライバルたちがいませんか?

でもライバルに差をつけて
打てるようになるには練習が必要です。

バッティングの練習といえば
素振りをしたりバッティングセンターに
行ったりとできることは限られます。

でもライバルと同じことをしているだけでは
圧倒的な差をつけることなんてできないですよね・・・

そこでライバルよりも打てるようになるには
まず〝本物のバッティング技術〟を
知ることが大事です。

本物のバッティング技術をしれば
そのあとにどのような練習をすればいいのかも
自然とわかってきます。

やり方がわからない状態で練習するよりも
数倍も効果は違ってくるんですね。

なのでまずは本物のバッティング技術を
知ることをおすすめします。

そしてその〝本物のバッティング技術〟を
教えてくれるものとしておすすめなのが
こちらです。
↓↓


あの元巨人の篠塚氏が教えてくれる教材で
プロでも使えるようなバッティング技術が
小学生でもわかるように教えてくれいます。

実際に利用された人の98%が
満足しているわけですから効果は本物です。

気になった場合はぜひチェックしてみては
いかがでしょうか。

<独占公開>あの篠塚和典氏が明かすヒット量産の秘訣

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体が小さくてもバッティング技術があれば打てる

体が小さいとバッティングには不利
だと思っている人がいます。

でもプロの選手を観ていてもわかりますが
体が小さくても打球が早かったり、
ボールを遠くに飛ばす人もいます。

逆に体が大きくてもバットでボールを
捉えることができなければ
打つことができません。

ということはバッティングで大事なのは
体の大きさではなくて

バッティング技術

なんです。バッティング技術には
バットの握り方からスイングでの
体の使い方などさまざまです。

しかもそういったバッティング技術を
今ではわかりやすく教えてくれる
教材なども充実しています。

なので体が小さいとバッティングは
不利だと思っている人は
考えすぎかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユーチューブのバッティング動画は参考になるのか

今よりもバッティングが上達して
打てるようになりたい・・・

野球をやっていれば
誰もが同じように思うと思います。

そこでバッティングを上達させるには
さまざまな方法があります。

昔は学校やクラブチームのコーチに
教えてもらうか本で学ぶのが
一般的でした。

でも本って動きがないので
頭ではわかってもなかなか
体にイメージができないわけです。

なので最近は動画でバッティングを
説明してくれるものもあります。

おそらくあなたも利用されたことが
あると思いますが「ユーチューブ」です。

もちろん写真などと比べて動画は
動きがあってわかりやすいですが
注意しないといけないのは

〝参考にできる動画は少ない〟

ということです。

ユーチューブの動画というのは
なかには素人が面白半分に
撮ったものものあります。

ちゃんとしたプロの指導者が
出しているものもあるんですが
それはごくわずかです。

なのでユーチューブに出ている
バッティング動画は参考程度に
しておいた方がいいかもしれません。